« やっと。。。 | トップページ | シンバ-犬の仲間入り »

IBD

 

 

今年は秋になっても暑いくらいの日が多かった

あんえるんば家地方だけど、それでも朝晩は寒くて

暖房を必要とする日も増えてきました。

 

 

なんせ究極の寒がり姫がいるからね happy02

  

その姫君が、9月のお誕生日後から体調を崩し

一月以上ものあいだ下痢と嘔吐で苦しんできた。

 

 

毎日、何十回も水状の下痢を繰り返して

酷い時は出血も伴っていた上に嘔吐まで crying

 

 

勿論すぐに hospital に行ったけど、肝臓のことがあるから

先生も心配しながら整腸剤をまずは処方してもらった。

 

 

でも、効果なし down

 

 

仕方なく、徐々に強いお薬を処方されていったんだけど

これまた変化無し down down down

 

 

 

食べることだけが生きがいの姫だけど

いつも通りに与えるわけにはいかない ×××

 

  

一日のフード量は半分くらいまで減らし

食事回数を増やしてふやかしたものをチビッとずつ sweat02

 

 

勿論オヤツも、お留守番ガムも禁止 weep

 

 

あまりの下痢の酷さにお散歩も出来なくなったから

お友達にも会えない日々。

 

 

おまけに普段はケージの中にいるシンバが

朝晩の放牧時にはエッたん狩りをするもんだから

ストレスが原因なんじゃないかと思ったりもしたほどだった sweat01

 

 

そして・・・ 

 

最後に処方されたお薬の時は

『 一週間分ご用意しますが、悪化したり三日くらい飲ませて

改善されない場合はすぐに連れてきてください 』 のお言葉つき shock

 

 

祈るような気持ちで試してみたら、三日目くらいから

少しずつ液状から軟便になってきて嘔吐と出血が止まった up

 

 

薬を続けた一週間で、普通の便に回復 scissors

 

がっ sign03

ホッとしたのもつかの間で、薬が終了したとたんに

また最悪の時と同じ状態に・・・ crying

 

でも今回の薬で効果が得られるのが分かったから

しばらく続行すると共に、精密検査を進められた。

 

この時に疑いのある病気の説明を受けていたんだけど、

肝臓からの疑いも消えていなかったから、早急に検査を受けることに。

 

 

で、血液検査の結果は。。。

2010112elza10_030

肝機能の状態を現すBUNの減少と胆嚢を現すGGTの増加。

肝機能のALTも469と高いけど、7月の896という

医師もビックリな数値からは半減。

同じく肝機能のASTは前回の547から激減して基準値内に。

胆汁の出や胆管炎を疑わせるALKPは233とやや高め。

 

今回はエコーでも胆石が確認できたとのコトだけど、

炎症を起こしたり胆管に詰まったりはしていない様子だとか。

 

総合的に見て肝機能も胆石も悪化はしていないらしく、

TP( たんぱく値 )も基準値内なコトから

今回の下痢や嘔吐との因果関係は考えられないとのこと。

 

症状が悪化していないことに胸を撫で下ろしたいところだったけど 

これで疑いを持っていた、もう一つの病気が確定してしまった weep

 

病名は 炎症性腸疾患=IBD ( ←詳しくは下線部分をポチッと )

 

慢性化する病気で、完治は難しいらしい sad

 

主な症状は下痢や嘔吐だから体力を奪われるし、脱水少々にもなりやすい。

 

出血を伴う時には当然、貧血の症状も出ることだろう weep

 

ちなみにエッたんは長期間ツライ思いをしているわりには

元気はあったし、食欲も悲しいくらいに落ちることはなかった happy02

 

それでも 3,300g あった体重が 2,800g まで激減 down down down

 

この小さな身体の 500g の差は大きい。

 

春からスタートした消化器サポートの療法食は

吸収が良すぎるらしく、夏ごろにはちょっとポッチャリになっていた

体型が今ではガッリガリィ~~~ crying

 

肋骨が一目で確認できるほどだし、何よりもプリンっとしたお尻に

ピコピコ尻尾が超ラブリーだったのに

今や、お尻の骨もゴツゴツと浮いてる状態 shock shock shock

 

 

この病気、胃腸のアトピーとも言われるくらい

アレルギーの要素も持っているらしく、今回から

アンにも処方されたことのある療法食に切り替えることになった。

 

でも好き嫌いの多いアンは食べなかったんだけど、

姫は何の躊躇もなく受け入れたわよ happy02

 

薬にはステロイドが調合されているらしく

その効果が大きいようなので、当分は続けざる終えないって。。。

 

アレルギーにステロイド

我が家では耳慣れた言葉ではあるけど

アンの辛さを見てきているだけに、正直ショックだった   (ノ_≦。)

 

しかもアレルギーそのものではないので、

検査でアレルゲンを特定するわけにもいかないんだって weep

 

小さな身体で、新たな病気とも付き合っていかなければ

いけなくなったコトが不憫だよ sweat02

 

まずは、少しずつ食事の量を増やして

体力をつけさせてあげなきゃ sign03

 

お散歩も復活したけど、無理させずに

歩ける距離だけで OK note

 

って、過保護が更に進行してるね coldsweats01

 

でも、薬に頼らない身体にしてあげたいから

焦らず少しずつ戦っていこうと思う scissors sign03

 

最後に。。。

 

寒がり姫に〈ちゃんちゃんこ〉を着せてあげたら

可愛くって、早速 camera を用意して白い毛布の上で撮影と思ったら。。。 

2010112elza10_003∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

何やってんのアンく~ん sign02

 

 

2010112elza10_006    オイラも〈ちゃんちゃんこ〉欲しいじょ

 

あははっ、アンくんは夏物の T シャツ姿だったね coldsweats01

 

 

とりあえずアンにはどいてもらって、エルを呼んだんだけど。。。

2010112elza10_015

   ニイニと一緒がいいでしゅ

 

この仲良し具合に慰められたよ happy01

 

そうだよね、エッたんにはニイニが付いてるんだから

病気なんかやっつけちゃおうね note 

2010112elza10_016_2     ちゃんちゃんこチャン shine

|

« やっと。。。 | トップページ | シンバ-犬の仲間入り »

コメント

そっかあ~。そうだったんだ~。

嘔吐と下痢って、辛いもんね。可哀想に・・・
見ているママも辛いよね。

ただでさえ、小さな体のエルザだから嘔吐したり下痢したり
すると体力も奪われるだろうしね。

う~ん・・・
辛いね。

でも、前向きに頑張ろう!って思ってるママだから
きっと神様も味方してくれるよ!

大変だと思うけど、家族みんなで力を合わせて
頑張って!!

こんな事しか言えないけど、遠くからアンエルンバ家を
応援し続けるからね!

でも、くれぐれもアンディーママ身体大事にしてね。
無理しないようにね。

まずは、エルザの体力回復だね!

がんばれ~っっsign03エルザ~sign03

投稿: えみ | 2010年11月15日 (月) 18時51分

  ☆ えみチャマ ☆

いつも応援ありがとぉ~~~ \(^o^)/
ホント心強いよnote

一時期のエルザは寝ていても飛び起きて
血混じりの水をお尻から出していたから不憫だったよcrying
それでも留守番させなきゃいけないから可愛そうでさぁ。

新しい病気は正直ショックだったけど、
私が泣きゴト言ってられないもんね!!
エルにはアンがいるし、幸ちゃんも見守っていてくれているはずだからミンナで乗り越えていくよんscissors

あっ!!
私は元気よぉ~sign03
心配無用だからねgood

いつもいつも心配かけてゴメンネsweat01
こんな我が家だけど、これからもヨロシクなりぃhappy01

投稿: アンディー母ちゃん | 2010年11月21日 (日) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっと。。。 | トップページ | シンバ-犬の仲間入り »