アン・エル

最終章

ちまたでは今日からG.W.が始まったらしいケド、

アンエルンバの父は本来は休みの土曜日なのに出勤だって。

おまけにメチャクチャ良いお天気で、暑い一日だったから

子供たちと遊びたいところだったけど、実はわたくし今週は

体調を崩してダウンしていたので、引きこもっておりましたわ coldsweats01








というわけで、いまだに真鶴の話題です sweat01



 






この日も晴天に恵まれたとはいえ、まだ4月。



冷たい潮風で冷え切ったランチタイムでしたが

この日の父は更なるお楽しみも考えてくれていたのだ scissors


Cimg5989                  ポッカポカですなん note


エッたん姫は、日向ぼっこでウトウトしながら待機中 confident 

 

 

 

 

 

Cimg5985アンとプラプラしていたら発見した貝殻細工 sign02 

 

 

無人販売しているみたいだけど、購入者はいるんだろかな面々。


Cimg5988エッたん同様、日向ぼっこで待機中ののカモメさんたち happy01 

 

 

 

 

 

 

 

そう、寒い寒いとと言いながらも

訪れたのは、またしても wave

次はね~ note

 

これに乗ったのだぁ~~~ notes                

Cimg5983

                 遊覧船のセンチュリー2号 ship 

なんと、このセンチュリーさんには無料で

dog が乗船できるのだっ scissors

しかも我が家が乗る前の便からは

観光客らしき方々が何組も降りてきたのだが

乗船してみると。。。

Cimg5992


お客さんだ~れもいないの eye

貸切なのよぉ~~~ up

 

Cimg5991                   あやく出航してでしゅの note

さすが wave 好きの ship 好きなアン・エルもワクワク upupup

 

 

 

そして、このセンチュリーさんの最大の特徴は

カモメを餌付けしているということなので、

後ろのデッキへ出てみると船員のお兄さんが

カッパえびせん片手に登場 happy02

Cimg6008
                    来た来たぁ~♪

Cimg6001_2
Cimg6006_2



                

 

 

 

 

 

 

 

お兄さんが掲げた手の先にはカッパエビせん。

それを目がけて30羽くらいのカモメが一斉に

近寄ってくるんだけど、かなりの迫力でした eye sign03 

 

 

 

 

 

 

 

で、 ship は大好きだけど

動物が苦手なアンディーはビビりまくり sweat01 

 

Cimg5993
                大きなトリがたくさんで襲ってきたのらっ sweat02 

 

Cimg5994                  見たくないのら down

確かに羽を広げたカモメを至近距離で見ることなんて

普段ないし、おまけにエサ欲しさに狙ってきてるから

アン君には怖かったかもね coldsweats01

     


       
            

ということは、真逆な姫は。。。

当然、カモメ&エサ(カッパエビせん)に夢中でした happy02

 

約30分の遊覧で、午前中に散歩した三石も

海側から眺めることができたよ scissors

Cimg6011_2

このあたりで折り返すんだけど ship が向きを変え始めたら

カモメたちは次々と離れて行って、先に港に帰るコや

波間にプカプカ休憩を始める姿が。

どうやら餌付けタイムは往路だけみたいで

それをちゃんと理解してるんだね happy01

Cimg5996                パシャパシャいっぱいでしゅ note 

 

 

 

姫は船尾から、落ちそうなほど身を乗り出して

復路も楽しんでおりました happy02

あっ、もちろんアン君だってカモメ以外は

気持ちよさそうに ship  の上で風を楽しんでましたよ good 

 

 

 

今年初の海は、水遊びはできなかったけど

盛りだくさんで楽しめた一日となりました happy01







これからの季節は、どんどん行こうね note








| | コメント (2)

真鶴ランチ

真鶴の海岸で 苦行 お散歩を楽しんだ後は

近くのカフェレストランでランチ restaurant

 

実は記念日の食事をフイにした父が反省してか

母の反撃を恐れてか、この日はきちんと計画を立ててくれていた。

 

見つけてくれていたお店は、ウッドデッキのテラス席なら dogok

しかも店内の窓から海が一望できるのに

反対側のテラス席の前にも海が wave




さすが小さな岬ってことが体感できる~ happy01



Cimg5974_3
おまけに運よく満開 cherryblossom も一緒にパチリ camera


注文したのは。。。

Cimg5976_3Cimg5980












Cimg5979


    父:ハヤシライス

    母:和牛チーズハンバーグ

    のランチセットと

    beer&ソーセージ盛り delicious

 

 

 

 

 

しかし残念なことに、いくら晴天とはいえ

なんせ4月前半の海辺ゆえ、風が冷たいこと冷たいこと weep






寒がり姫と共に母も凍えてきたので早々に切り上げたけど、

お料理は美味しかったよ scissors






ハンバーグの付け合せは様々な温野菜がたっぷりだったし、

ランチセットなのでスープがついてたんだけどこれまたGOOD good 

母の大好きなビシソワーズだったの shine

でも、冷え冷えな身体には冷製スープは辛かったが。。。 crying











是非、もっと暖かくなったら再チャレンジしたいお店でした happy01








余談ですが・・・

こちらのお店にはイケメンで dog 好きな

優しいお兄さんがいらしたのも

ポイント高かったかも happy02








| | コメント (2)

真鶴にて

 

前回の続きです







真鶴の海へ着いたとたんにおヘソが曲がっちゃった姫を抱っこして

足場の悪い岩場を移動していたら、さすがに大好きな潮の香りにつられたのか

はたまた単に日なただから動く気になっただけなのかもだけど

『 いつまで抱っこちてんのよっ!! 』 のケリを受けたので下してみることに。

Cimg5931_5
                ゴロゴロいっぱいでしゅなん note

 

ご機嫌が戻ったもよう happy01 









では、またおヘソが曲がらないうちに記念撮影しとこっか camera

Cimg5932_2
大きめの岩をチョイスしたんだけど。

アン君はお座りは無理でもフセでポーズできたけど、

エッたんは転げ落ちそうだった happy02









しつこいようだが本当に歩きづらい岩場で

さすがのアン君も足場には戸惑うこともあったのに、

自分の安全だけを確保してズンズン進む父に戸惑い気味 coldsweats02

Cimg5936
                ちょっ、ちょっと待ってくんろぉ sweat01








よく訪れているらしき釣り人の足元には地下足袋がっ eyesign01







ちゃんとした遊歩道もあるっていうのに

何故、初めて訪れた我々がこの苦行を

続行しなきゃいけないんだか ε-( ̄ヘ ̄)┌

目指すものがあるわけでもないのに鬼軍曹と化した父の

『 早く来いっ!! 』 の声に必死で従うことに coldsweats02





さすがに景色を楽しんだり、エッたんのペースにも

合わせて欲しいと交渉したわよ gawk

Cimg5940やっと岩場を楽しめた姫とは対照的に

父から遠ざかろうとするアン君 happy02





大丈夫だよ、アン君も楽しんでいいんだよ~ note

Cimg5938                ナヌッ sign02 遊んでも良いのかなのら sign02

 

でも岩場じゃ走れないし・・・

Cimg5941_2

かといって海はこんなだから水遊びもね。。。



ま、海に入るにはまだ時期的に無理なので

アンの水遊びは残念だから諦めてもらうしかないけどcoldsweats01




Cimg5939
                  パシャパシャですのん heart04


水を眺めるの大好きな姫は小さなタイドプールでこの笑顔 happy01








Cimg5942
その後、ようやく遊歩道も使いながらさらに進む。















Cimg5952
名所の一つらしい三石(みついし)も尻目に

ズンズン歩くと足元が砂地に up








Cimg5950


アン・エル共に、初めて来た場所とは思えないほど

我が物顔で楽しんでおりました note



Cimg5956                   また来たいでしゅ shine








エッたんのモデル魂にもやっと火がついたので撮影を始めたら、

先に進んでいたはずのガンガンペアが戻ってきた happy02










Cimg5959
                 母ちゃんオイラも撮ってくんろ note 

 

 

 

camera の設定をいじる暇なく

強引に乱入アンディー&気にしませんエッたん happy02 



Cimg5961
結局ピンボケのままなのに

エルを追い出しおすましアンディー happy02













初めは歩きづらさに苦戦したり、アン・エルが楽しめてないのではと

気になったりもしたけど、さすが我が家の子供たち。



やっぱり、どこででもご機嫌さんでした good











Cimg5969


それに結構あちらこちらに満開 cherryblossom を愛でることもできて

花見希望の母も楽しめたよ happy01scissors                 




Cimg5970








| | コメント (2)

そうだ、真鶴に行こう!!

いつものことながら日が経っちゃいましたが coldsweats01




前もって記念日の present を受け取っていた母だって、

ホントは楽しいを企画していたんだよ。


アン・エルを連れていけるお店での普段よりも

チト贅沢なお食事を楽しみたいと思っていたんだけど

予約を入れるために前もって提案してもツレナイ返事の夫 weep

 

tv っ子なヤツは人の話をろくに聞いちゃいないうえに

平日は beer  片手に~なので、いつも次の日に目覚めた時には

な~んにも覚えちゃいない gawk



今回も、翌日に覚えているか確認したところ

こともあろうか 『 スシ○ーに行くんだろ 』 のお言葉 Σ(`0´*)



何故、記念日にワザワザ回転寿司 sign02


しかも安価で名高いお店を指名すると思うわけー angry







連日、確認するも噛み合わない会話を繰り返すだけ wobbly


こうやって仮面夫婦への道をつらぬいて行く気なのね bearing



とはいえ、せっかく暖かくなってきたし

cherryblossomも満開なんだからみんなでお出かけしたいよ sign03

7(土)に 『 お花見したいー 』 と言い続けて

翌日のお出かけを承諾させた scissors




で、翌朝 『 行き先決まった sign02 と確認したら



『 うんっnote 真鶴にした note
とドヤ顔の父



えっと。。。

マナヅルかぁ。。。

海だよね。。。




いや、良いんだよべつに sweat01

海、好きだしー coldsweats01

でも。。。

お花見って言われてなんで海をチョイスするかなー happy02



連日、人の話を聞いてないと文句を言いすぎたせいか

どこかに連れて行かなきゃヤバイということだけが

記憶に残っていたようで、 cherryblossom のことはキレイに消え去ったのだろう coldsweats01





せっかくだから文句を言うよりも

みんなで出発しちゃった方が楽しいよね scissors


Cimg5850
お留守番用オヤツを堪能中シン君のシッポに見送られ~ cardash









到着して車を降りた途端にダッシュなアンディー

Cimg5927
父を引き連れ海へと急ぐ run








この様子を見て、ニイニ以上にテンション upup だった姫に変化が。。。

Cimg5928                  海、ヤンでしゅの down







自分が先に行きたかったから悔しいのか、

この海へとつながる階段が日陰で寒くなっちゃったのか、

情けない顔して階段の中央で動くのを拒否 sad

 

一度おヘソを曲げると頑固だからビクともしないんだけど
ほかの方の通行の邪魔になっちゃうから、我ながら甘いなとは

思いながらも抱っこでバカ親子を追いかける run

 

 

 

ほどなく海へ着くと。。。

Cimg5930_6かなり歩きづらい感じの石&岩場が

 

磯なのは分かっていたけど、こんな感じだったっけ sign02

 

そういや小学校の遠足以来だわ

 

記憶やイメージが怪しくてもしょうがないやね happy02











で、この岩場が本当に歩きにくくて怖いの coldsweats02

岩が平らじゃなくてゴツゴツ(?)ツルツル(?)してて

一歩踏み出すのもハラハラだし、段差もあるから結局エッたんは

抱っこのまま移動したけど、母がこけたら姫に怪我をさせちゃうと思うと

怖さ倍増だったわ shock












と、ここまで書いたところで何故か

画像が挿入できなくなった sweat01

 

容量には余裕があるのに訳わからないよ coldsweats02



 

とりあえず下書きで保存して再チャレンジしても

やっぱりダメ bearing



 

そんなことを数日繰り返してたんだけどー angry




途中だけど、次の記事に続ける方が早そうなのでUPしちゃいます coldsweats01

 

| | コメント (0)

お迎え準備

 

前回に引き続き、紅葉君(仮)の近況報告を。

 

 

 

退院が近づいていたころ、父と母を悩ませていたのが

紅葉君(仮)のケージのこと。

 

 

里親が見つかるまでの間とはいえ、アン・エル同様

フリーでとは行かないし、立派なものを購入しても

使わなくなるのが見えてるわけだし・・・。

  

かといって、生活スペースになるんだから

あまり狭すぎても可哀想だし・・・。

  

ショップやネットで探しつつも結論が出せずにいた。

 

 

しかも我が家の場合、経済的な余裕もなくて coldsweats01

 

 

なんせ入院費だって、どんだけ請求されるか怖いじゃないっ sweat01

 

 

そんな時ノエルママが紅葉君(仮)へ

心優しいメッセージと共にカンパをしてくれた sign03

 

内容はナイショ (*^m^)

 

紅葉君(仮)のお守りにするんだもん note

 

ノエルくん&ママありがと~ shine

 

 

結局ケージが決まらないまま過ごしていたんだけど 

エッたんのフードを取りに hospital へ行って貰った父から

また一回り大きくなった紅葉君(仮)の様子と共に

先生から聞いてきた新情報。

 

退院は予定通りできるんだけど。。。 

 

 

もしかしたら猫白血病かもだって crying

 

食欲が旺盛になったのは良いんだけど、口内炎が

何ヶ所かあって歯茎も腫れて歯がグラグラ~なんだと weep

 

 

ハッキリした月例は分からないけど

おそらく母猫からの免疫がある時期だから

まだ検査は出来ないらしい。

 

様子を見ながら、今後ワクチン接種終了を待って

検査や治療をすることになるみたい。

 

小さな身体で、どんだけ戦えばいいのよ sign03

 

 

 

盲目は仕方がない。

cat は耳や鼻に加えて、ヒゲセンサーが発達しているから

日常生活には問題ないはず。

( 母、経験済みだし )

 

  

 

肛門だって、だいぶ閉じてきて見た目は普通になれたのに。

 

 

 

それでも、そのことを受け入れてくれる里親を

探すのは容易じゃないことくらい覚悟していたけどさ。

 

 

白血病とまで戦わなきゃいけないとなったら

ハードルは更に高くなるわけだけど、何よりも

もし申し出てくれたお宅があったとして

安心して委ねることが我が家に出来るだろうか sign02

 

 

でもね

結論は、簡単に出たわよ。

 

 

だって。。。 

 

アン・エル家の子供にしちゃえば良いじゃん up up up 

 

急遽、テーマは紅葉君(仮)が安心して暮らせるオウチということで

ケージ探しは簡単に決着 scissors

20107_019豪華な二階建てだよ~ house

 

いくらなんでも大きすぎる sign02

 

でも、一生物だし~ note 

  

 

 

見えないから二階には行かれないだろうという

父の意見を無視して母が決めちゃった happy02

 

 

そして、紅葉君(仮)に一番身近で、必要で、一生物に

使わせていただこうと思っていたノエルママの

お心をココに使わせていただきました shine

  

このケージが狭いと感じるくらいに

大きく育っての思いも込めて・・・。

 

 

さて、狭い我が家にこのドデカイケージを置くにあたって

エッたんのサークルを撤去することにした happy02

 

 

サークルといってもトイレと水の置き場所としてしか

使用していなかったから、チョット移動してね。

20107_007リビングの隅の本箱前にお引越し。 

20107_014   ココでチッコして良いでしゅかね sign02

 

戸惑いながらドデカケージの前で

しちゃったりもしたけど、少しずつ

変化を受け入れてくださいな。 

20107_018    チッコの失敗だなんて、エルは

    オコチャマらなぁ。

 

エッたんのカジカジオモチャを取り上げてご満悦な

アン君だけど、紅葉君(仮)の登場に

意外? ヤッパリ? な反応を見せることになったのよね happy02 

 

20107_031    トイレもカジカジも取られだでしゅ bearing    

  

 

 

まぁまぁ、おヘソを曲げずにキュウリでも如何 sign02

20107_024    しょーゆうコトなら喜んででしゅよ lovely  

20107_026       うみゃ~でしゅなん shine 

20107_028     うんめぇ~ notes

 

 

 

 

我が家で迎える準備は整ったコトだし

後は本名を決めるだけ。

 

我が家の命名権は父にあるので、アレやコレやと

注文を出していたんだけど。

 

今回は、命名権を譲るという申し出が    ( ̄◆ ̄;)

 

そりゃもー、知恵熱が出るんじゃないかってくらいに

悩んだわよぉ~~~~    ヽ(*≧ε≦*)φ

 

我が家でも、紅葉君(仮)の退院を待って

発表したのでしばしお待ちを happy02

 

| | コメント (4)

頑張れ紅葉君 !!!

 

前回のANDY ⇒ ELZA の続き、紅葉君(仮)の記事も

書いたのに、UPも保存も出来ない状態になり

泣く泣く削除するハメになったダメダメ母ちゃんです。 

 

 

保護した経緯をどう書くか悩み、書き直したり消してみたり・・・ 

  

やっと書き上げたのになぁ crying

 

  

原因は、きっと母の認識不足だと思う・・・ crying

 

 

 

と言うわけで、今更な気分だけど

紅葉君(仮)の初登場です cat

  

ついでに、いつにも増して

と~っても長いです coldsweats01

  

出逢いは、6月30日(水) 

 

アン・エルと dog 友ノエル君と公園へ向かう途中に

あるお宅の玄関先で眠るチビニャン発見 sign03

 

 

 

だが、あたりが真っ暗になった帰り道にも

同じ場所・同じ体勢でいる姿に疑問と不安を感じながらも

どうすることも出来ずに帰宅 sad

 

 

 

翌、7月1日(木) 

 

帰宅した父と一緒に夜散歩中、

またもや同じ場所・同じ体勢のチビニャン。

 

 

実は、気がかりだったので前夜遅くに様子を見に行った。 

しかし、姿はなくなっていたし、

朝の出勤時にも見当たらなかったので

安心していたのだけど、ノエル君ママが

庭の奥で横たわる姿を発見したと報告を受けていた sweat02

 

  

暗闇の中で距離はあったけど、危険な状態に感じられ

よそのお宅の敷地内に侵入し、保護という名の誘拐を決行  happy02

 

 

 

母の手に十分収まってしまう小さな身体は

ガリガリで、そしてとてつもない悪臭を放っていた coldsweats01

 

 

 

ノミ・ダニはもちろん、どんな菌を持っているのか

分からないので、アン・エルとは接触させないように

帰宅後、風呂場へ直行 run

 

 

 

初めて明るいところで見たその姿は、

可愛いつぶらなハズの瞳は大きな黒い塊りに覆われていた weep

 

  

きっと目ヤニが固まってしまったものなんだろうケド、

その塊りは大きく出っ張るほどの量で、鼻や口の一部をも

塞いでいた weep

 

 

 

おまけに本来ならポワポワ気持ち良い毛並みは

ペトペトでノミが簡単に何匹も確認できるほど

寄生されていた weep

  

 

そして驚くことに、お尻には大きなウ〇チが硬くなっていて、

それを捕るとナント肛門が無かった coldsweats02

  

肛門が無いって変な表現だけど、本来のキュッと閉じる部分が無く

ポッカリ穴が開いている状態だった sweat01

 

 

目の固まりは容易に取る事は出来ず諦めたけど、

衰弱した身体に負担をかけないように鼻と口をキレイにして

ノミもできる限り捕る。

  

呼吸とお腹が楽になったからなのか、顔や手を少し動かして

反応するようになったときには嬉しかったよぉ~ crying

 

 

少しでも水分補給をしてあげたかったけど

自力で水が飲める状態ではなかったから、

スポイトで dog 用ミルクを与えておやすみなさい sleepy

 

 

7月2日(金)

 

朝や帰宅後にもミルクを与え hospital へ。

 

もちろん即、入院。

 

その際、右目は塊りを取ってもらえたのだが

左目は断念 sweat02

 

 

ま、焦らずにね happy01

 

 

それでも保護したての時よりも見違えるほど

反応を見せるようになっていたし、フラつきながらもお座りだって

出来るようになっていたから

大丈夫、このコの命は助かるって確信できた scissors

 

 

hospital では24時間体勢の管理の下、点滴を打ってもらうことに。

 

 

 

7月3日(土)

 

hospitaltelephone で様子をたずねると、初チッコが出たらしい up

  

ミルクは飲まないけど、フードを指であげると

少し食べられたって up up up 

 

 

 

7月4日(日)

 

エルザの血液検査のために hospital へ行くと

院長先生から 『 ご飯食べてますよ、見ますか~? 』 のお言葉。 

 

モチロンですともっ note

201079_007母の手に怯えているわけじゃないよ happy02

 

その逆で、母の方へ来ようとして落ちそうになるから

戻してるんだけど、手のひらにオテテ乗せてるんだよ cat 

 

 

左目の固まりも小さくなっていたし、端の方はめくれ始めてた up

201079_008お顔がバッチク見えるけど、塊りが取れたなごりみたいなもので

鼻の周りはハゲハゲでチト痛々しかったけど、

前脚で自分の身体を支えられるようになっていた scissors

 

 

何より自力でご飯を食べられるようになったのが大きな進歩だよ scissors 

 

 

しかし、この日の母は moneybag そ忘れるという痛恨のミス coldsweats01

 

 

 

7月6日(火) 

 

hospital への借金を返すという名目があったおかげで

堂々と会いに行っちゃった happy02

 

 

この日は待合室の母の膝の上まで連れて来てもらえた up

 

 

点滴がず~っとじゃ無くなったんだね note 

 

 

そして。。。

201079_013左のオメメも邪魔者が無くなっていた~~~ up up up

  

自分からご飯やお水のところへ行けるようになったって scissors

 

 

偉いね~ happy01

 

頑張ってるね~~ happy01 happy01

 

ガリガリだった身体にもお肉がつき始め、

一回り大きくなっていた up

 

オメメは見えないけど、ちゃんと母の手の感触は

覚えていてくれたみたいで、ナデナデの手が離れると

不安そうに『 ミ~ 』 って呼ぶの lovely

201079_009苦しくて朦朧としていたときにお世話した母の手を

ママが舐めてくれたんだと勘違いして覚えちゃったのかな happy02

 

この日はアン・エルの用事が無いから

ず~っとナデナデしてあげてたら。。。

201079_016寝ちゃった sleepy

 

苦しそうにうずくまっている姿しか見てないから、

この cat らしい寝姿には感激だよ~ lovely

 

ピンクバンテージは、オチリが開放状態だから

ウ〇チで尻尾がくっ付いちゃわないようにだね。

 

ナデナデの手を離すと起きて鳴いちゃうから

後ろ髪を引かれる思いだったけど、

更なるお世話をお願いしてバイバイした paper

 

7月13日(火)

 

ELZAの再々検査のため hospital へ。

 

預けられるエッたんと入れ違いになるように、

院長先生が抱っこで連れてきてくれた紅葉君(仮)。

 

またまた身体が大きくなったし、だいぶ動きも出てきてた up

20107_052抱っこすると、よじ登って肩乗りニャンコの出来上がり note

 

 

登るだけの力が出てきたんだね scissors

20107_051_2顔に近づくと安心するのかな sign02 

 

 

お顔を見たくて降ろしても、すぐによじ登っちゃう happy02

20107_053お顔の傷もよくなったし、初シャンプーもしてもらったから

キレイになったでしょ cat 

 

左目の白い塊りは謎だったけど、問題ないらしい wobbly

 

お尻もポッカリだったのが、少~し閉じてきてたんだよ scissors

 

命の危険があった時とは大違い sign03

 

チョットずつだけど紅葉君(仮)は、元気になってるね up

 

 

この後、エッたんのフードを取りに行ったりで

父だけは紅葉君(仮)に会ってたんだけど

母は会えずじまい weep

 

でもね、実は・・・

 

先日、無事に退院してきました~~~ sign03

 

我が家での様子は、次回以降になるけど

頑張る小さな命を応援してね shine

 

| | コメント (2)

頑張れエッたん  Ⅱ

  

『 幸から・・・ 』 はアン・エルの日々を綴っていくものだけど、

記録簿としても活用してきた。

最近、すぐにと言うわけには行かないけれど

それなりに時間がとれた時には、忘れないように

体調の変化や hospital での事や体重などを記録するようにしてきた。

実は、13日(火)にエルザの再々検査をしてもらい

その結果も出ているんだけど、自分の中でまだ上手く

消化しきれていなくてどう記述するべきか、悩んでいるウチに

日が経っっちゃった sweat01

そんな時間の経過と共に、やっと母の気持ちも冷静になってきたカナ。

 

 

まずは前回の血液検査でまたしても、新記録を樹立した姫。 

近い時期に精密検査をとの hospital 側の見解に急遽

父も休みを取って挑みました。

 

何だか大袈裟なようだけど、エルだけを連れて行くのは

我が家では一騒動あるのよね happy02

留守番させるストレス軽減のためにアンだけが父と散歩へ行き、

『 ニイニ~ sweat01 』 と玄関で泣きじゃくるエッたんを

興奮させないようになだめる役が母。

なんせ興奮しすぎで数値が高いのかもなんて言われちゃったし coldsweats01

帰宅したアンと入れ替えに、姫は疲れさせないように

抱っこ散歩に出発してもらい、その間にアンの朝ご飯 delicious

 

朝食抜きのエルの前で食べさせるのは残酷だもんね weep

それでもエルだけを連れて行かれるのが不安なアンは

お留守番ガムを拒否 angry

一緒に連れて行ってあげたいけど、アンが居たら

エルの甘えが酷くなって検査に支障が起きそうなので

心を鬼にしてアンを置いて出発 car

car の中では、いつもと違い不安そうな姫。

20107_047     ニイニないでしゅか sign02

分かりづらいけど、エルの毛が逆立っているの。

それだけニイニと離れて hospital に行くのが不安だったんだね coldsweats01

今回は、血液検査 ( 病理検査含む ) と、エコーとレントゲン撮影 camera

お腹を見せることが苦手なエルにレントゲンは

さぞかし試練だっただろうな。

夕方 hospital へ行くと、まずは診察室へ通された。

あれっ sign02

まだエッたんに会えないんだ down

検査結果を聞くためだたんだけど、目の前に

張られた2枚のレントゲンが気になって仕方がない。

だって、お腹のあたりに白い物が写ってるんだもん sweat01

腫瘍の疑いもあったからドキドキだったよ wobbly

結果は、胆嚢結石。

白く写っていたのは、1cmほどもある石だった shock

エルの身体だから胆嚢なんてチッポケなはず。

その中に1cmの石って、大きくないっ sign02

先生の話では、逆に大きいから胆管に詰まる危険が低いそうな。

でも、その代わり胆嚢破裂の危険もあるってこと sweat01

胆石は症状が出にくい分、出た時には危険が高いらしい coldsweats02

でも、症状が変わらず過ごせることも多くて

特にすぐに何かの治療は行わないんだって。

しかも動物の胆石には、コレといった薬があるわけじゃないらしい。

病気のこと、これから起こるかもしれない症状のことなどの

説明をしていただいたけど、不安はつのるばかり down

肝臓の数値が高かったことを考えて、低脂肪で

消化の良い療法食に切り替えていくことになった。

 

試しに hospital で、2種類のフードを試してくれたそうだが

どちらも喜んでウマウマしたって happy02

そりゃそうだ、エッたんにとっては

口に入るものは全てご馳走だからね ( ´艸`)プププ

今後は体調に変化がなければ、3ヵ月後くらいに

検査をして経過を見ることに。

原因が分からずにいた不安は消えてホッとしたけど、

何とも厄介な病気になってしまった crying

 

何とか、上手く付き合っていくしかないね。

その後、先生に抱かれて現れた姫は

当然のように父の胸に飛び込んだ dog

まっ、良いんだけどね別に・・・

分かっていた態度だからぁ gawk

そのお茶目な甘えっ子のままで良いから

不思議ちゃんでもOKだから、ずっと笑顔を見せていてね heart04

エッたん、Fightだよぉ~~~ shine

| | コメント (2)

頑張れアンディー

 

連日の暑さに、すでに夏バテ気味のANDY&ELZAの母です coldsweats01

  

汗をかかない体質だから、熱中症になりやすいのよね。。。

 

気を付けなきゃだわっ sign03

 

 

 

そんなバテ気味の母の元気の源といえば、もちろんアン・エルの存在 shine

 

 

アンディーは前回のチッコ検査でキラキラが激減していたから、

検査の間隔を伸ばすことになっていたんだけど・・・。

  

ある日、散歩から帰宅したばかりだというのにチッコをした。 

少し出たんだけど落ちつかない様子。

 

 

散歩中にもタップリしてたんだけど、暑くて飲むお水の量が

増えたからかななんてノンキに考え、シーツの交換を後回しにしていた。

 

 

 

普段だったら、どんなにチョビットでも汚れたシーツだとしないのに

戸惑う様子も見せずに、また脚を上げ始めた。

 

 

『 えっ sign02  また sign02sign02  

 

その時、目に入ったのはシーツに赤いシミ shock

20107_035右上の黄色いシミが最初に出たチッコ 

明らかに色の違いがっ coldsweats02

 

 

20107_038左下には赤い塊りも確認できる crying

 

 

床にもポタポタ赤いシミ 

20107_037なんとなく heart01 型なのは、アン君らしくてお茶目 happy02

 

って、笑ってる場合じゃないんだけど

 

その後のアンの様子には変化なし。

20107_039いつもと変わらず、散歩後のマッタリモード catface

 

 

思わず、チ〇チ〇もチェックしたりして~ happy02

 

アンく~ん、ちょっと脚あげてみて~ note

20107_042    コレでいいんか、母ちゃん sign02

    今日は、変わったポーズでオシャシンらな ??

 

 

初めてキラキラに気が付いたときは、先っちょに

血が着いてたんだけど、今回は確認できず。

 

 

前回の検査では確認できなかったのか、もしくは

その後急激に結晶化が進んだやつがいて

詰まっていたのかも bearing

 

 

散歩中はチッコをしていると思っていたんだけど、したくて

脚を上げても出ていなかったのかもしれないね weep

  

なんせ最近のお散歩は暗くなってからだし、確認するようには

していてもライトを持った手はエルのリードも持っているから

思うように行かないことも多くて・・・ sweat02

 

 

それでも血尿が出たってコトは、キラキラの粒は一緒に

出たのかもだけど、痛かったんだろうな crying crying crying

  

気が付いてあげなくてゴメンよぉ sweat01

 

でもその後、今日までの数日間は変わった様子なし。

  

明日は hospital  の日なので、チッコ検査もしてもらわなきゃ sign03

 

 

悪化していないことを祈るのみ。

 

 

カイカイに加えて、辛い思いをしちゃったけど

アン君 Fight shine

| | コメント (0)

母の休日

  

普段はサボってばかりなのに、また更新しちゃうの sign02

 

最近、土・日も出勤することが増えたうえに、週一~二日は

夕方まで勤務になった母。

 

夕方までといっても、お散歩が出来ない

夏場限定なんだけどね・・・ coldsweats01

 

今日は、久しぶりに母だけのお休みとなったアン・エル家。

 

連日の暑さに加えて、現在母ちゃん car がないので

お出かけも出来やしない sweat02

 

あ~~~~~~っ!!

海行きた~い!!

川行きた~っい!!!!

 

声を大にしたところで、それは無理な話し。。。crying

  

 

ならばっ flair

 

暑い時間帯になる前に、ず~っと気になっていた

庭の草むしりを頑張ってみた scissors

 

 

アパートの一階に居を構える我が家。

 

 

古い造りなことが幸い (?) して、庭がそこそこの面積あるのよね。

 

アンが小さい頃は日向ぼっこに出したりもしたんだけど

アレルギーが発覚してからは、ただの洗濯物を干す場所。

 

そうっ!!  アンを出せないほど、草が凄いのよぉ sweat01

 

砂利を敷いてあるんだけど、元畑なんだろうな。

 

育ちの良いこと、良いこと bearing

 

タンポポに至っては、雪さえ降っていなければ

一年中見られるんだから   w(゚o゚)w 

 

今アンが窓から脱走したら、一瞬でカイカイ地獄に陥るのが

間違いなしってホドの伸び放題だった crying

 

しゃーない、やるかっ sign03

 

しっかり日焼け止めを塗って、いざ庭へ run

 

まずは右方面に進んだんだけど、このアパートってば隣との間に

仕切りがないもんだからドコでやめるべきか分からず突き進む dash

 

こんなもんかなと視線を上げれば、完全にお隣へ進入してるじゃん sweat01

 

振り返ると、当然ながら

こんもり草だらけの我が家 sweat02

 

何やってるんだろ~ジブン    (;´▽`A``

 

気を取り直して、ってか向きを変えて

抜きぬきホリホリ~

 

逆サイドのお隣さんは、我が家以上にジャングル化しているので

コチラは境界線を少し越えたあたりで、気分が萎えたから終了~ happy02

 

 

 

おかげで大物の洗濯物もしっかり干せて、アン・エルのベッドも

タオルケットも綺麗にできて気分いい~~~ note

 

母が庭にいる間のアン・エルはというと、外を気にしつつも

2ピンでジャレジャレしたり追いかけっこをしていた模様 dog

 

まっ、当然どちらも主導権はエルザにあって、アンが付き合って

あげたり時には振り回されていたみたいだけど、

仲良し兄妹は健在なりぃ good

 

普段のお留守番も、こんな風かななんて

ニマニマしながら草むしり中に窓から覗き込んでいた母。

 

怪しいオバハンだったわな  coldsweats01

| | コメント (2)

頑張れ、エッたん Ⅰ

  

連日、うだるような暑さが続いているANDY&ELZA家地方です。

 

今年の梅雨は、曇っていて時々パラつく程度の日が

多かった気がするな。

 

集中豪雨やゲリラ豪雨で被害を受けている地方も

多いようなのに、我が家のあたりでは一日中降り続いた日は

少なかった気がする。

 

梅雨明け前から晴天の日が多かったけど、

最近更にギラギラ度が増しているような・・・

  

先日、夜7時近くに出発したら

公園にはお友達がいっぱい note

 

 

最近、誰にも会えずに寂しくトボトボしてたんだけど

すでにお友達は時間を移行していたのね happy02

 

実は公園に行く途中、始めましてのM・シュナ君とご機嫌で

挨拶を交わしたエったん。

 

でも突然飛び掛られて、仰向けに倒れた上に馬乗りされて

ギャンギャン吠えられるという、ワガママ姫にとっては

とてつもない恐怖体験をしてしまった sweat01

 

エルの悲鳴でアンも飛び掛りそうになったのは必死に

母が静止して、相手の飼い主さんが引っぺがした

ところで、ようやく救出。

 

相手のコも敵意があったわけではなく、どうやら遊び方が

分からなかったみたいで、エルの声に逆に興奮しちゃった様子 wobbly

 

そう、エッたんの悲鳴が凄かったの sweat01

 

思わず、迎えたばかりの頃を思い出してしまったよ sad

 

特に怪我も無かったんだけど、ヤッパリ心の古傷が・・・。

 

 

久しぶりにトラウマが出ちゃって、しばらく悲鳴と震えが止まらなかった crying

 

その後、抱っこで公園に向かったんだけど目の焦点も合わず

震えたままだったエッたん crying

 

普段は、自分からギャウギャウ言いに行く元気娘だから

もう大丈夫だと思っていたんだけど、小さい頃の

体験って忘れきれるわけじゃないのね crying

 

そんな時に久しぶりのお友達に会えたおかげで

ようやく復活したエッたん note

 

サン君の耳に顔を入れたり、みゅっきーに文句言ったり happy02

 

お友達には、安心してるんだね happy01

 

dog には dog 同士で学ぶことがたくさんあると思う。

 

 

そして、それがとても大事なんだと。。。

 

 

不器用なアンディーがお山の大将気取りでいられるのも、

エルザがワガママ姫でいられるのも、それを受け入れてくれた

dog とそのパパ・ママさんのおかげだもん shine

飼い主にとっては可愛い我子でも、教えてあげられないことが

dog にとっては重要だったりするんだと思う。

 

どうか、あのM・シュナ君にも dog 友が出来て

お勉強できる日が来るといいな。

そして、エル姫のトラウマも消えて無くなればいいのに annoy punch annoy

| | コメント (2)

より以前の記事一覧